血尿
血尿とは
尿の通り道である、尿管・膀胱、また腎臓に障害が発生すると、尿の中に血液が混じることがあります。これを、「血尿」と言います。血尿には見た目で分かる「肉眼的血尿」、見た目では分からず、病院での検査でしか分からない「顕微鏡的血尿」があります。
また血尿には、尿を排出するとき、出始めだけ血尿が出る場合と、最後にだけ血尿が出る場合と、最初から最後まで血尿がでる場合の三つがあり、「どの時点で血尿が出たか?」により、だいたいどこの部分で障害が発生しているか判断することが出来ます。

原因
1. 出始めだけ血尿がある
この症状では、膀胱に溜まっている尿はきれいな証拠です。膀胱よりも下にある尿道か、前立腺からの出血が考えられ、病気として、尿道炎や尿道カンクル、外傷があります。また、前立腺の手術後にこのような症状がよく見られます。
2. 出始めから最後まで血尿がある
この症状では、膀胱よりも上の器官での異常が考えられます。考えられる病気として、腎炎、腎盂炎、尿路結石、腎臓腫瘍、膀胱腫瘍などです。医療機関での検査は重要になってきます。
3. 排尿の最後だけ血尿がある
この症状では、膀胱や腎臓には異常がない証拠です。考えられる病気として、膀胱炎があります。
4. 医療機関で潜血反応があった場合
自分では気づかない顕微鏡的血尿(尿潜血)です。この場合は、尿道、膀胱、腎臓のすべての部位での異常が考えられますので精密検査が必要になってきます。
5. その他
医療機関での精密検査で異常のない方もあります。考えられるのは、先天的なもの、また、ストレス・一時的な腰部への付加が考えられます。ストレスや激しい運動、重労働は一時的に膀胱や腎臓に炎症を起こし、血尿を引き起こします。

西洋医学での治療
● 尿道炎、膀胱炎、腎炎、腎盂炎など感染症の治療に関しては、感染している細菌の種類によって、抗生剤が使用されます。尿道炎や膀胱炎は経口の抗生剤で対応できますが、腎炎や腎盂炎などは入院が必要になってきます。

● 尿路結石
出来た結石が小さい場合は、積極的な治療はしません。自然に尿とともに排出されるのを待ちます。痛みがひどい場合は、鎮痛剤(ボルタレン・ロキソニン)・鎮痙薬(ブスコパン・コリオパン)が使用されます。また尿路結石治療剤としてウロカルンが処方されます。
結石が大きい場合は、ESWL(体外衝撃波結石破砕術)という治療を行います。体外より衝撃波を結石に向けて粉砕する方法です。この治療のおかげで、最近では切開手術はほとんどなくなりました。

● 腎腫瘍・膀胱腫瘍
腎腫瘍・膀胱腫瘍の場合は、外科療法・放射線療法・化学療法の三つを駆使して治療していきます。
漢方では?
残尿感、排尿痛、尿意頻迫などの排尿障害に加えて、尿路および膀胱部の不快感を伴うものを漢方では「淋証」と称しています。膀胱炎・腎炎・腎盂炎・尿路結石・膀胱腫瘍などは淋証を呈します。淋証は種々の外因や内傷によって膀胱の作用が失調して発症すると考えられます。病位は下焦にありますが、その発症は腎だけでなく、肝や脾の異常も大きく関与します。
また、歴代の医書には淋証を症状によって以下の「五淋」に分類しています。
1. 石淋:湿熱が下焦に蘊結、尿中の物質が凝結されて砂石を生じたもの。
2. 気淋:膀胱の気が滞り、尿が出渋り排尿後に痛むもの。
3. 膏淋:小便が混濁するもの。実証と虚証がある。
4. 労淋:腎や脾の虚があり、慢性で疲労や房事で増悪する。
5.熱淋・血淋:下焦に熱が強く、血熱妄行して生じる。排尿時に痛みがあり血尿を出す。
       血淋は熱淋で血尿顕著なものをいう。

● 膀胱湿熱の場合
熱淋に相当し、急性の膀胱炎などです。膀胱の熱が旺盛であると陰を損傷して出血し血淋となる。外感病によるものが多いが、内傷によることもある。外感病では太陽病傷寒の熱邪が下焦に伝入し熱と水が結合して湿熱証を生じる。あるいは、陽明病や温病の湿熱が下焦に下注する。内から生じる湿熱は、味の濃いものや、辛いものまたお酒などにより脾胃に湿熱を生じ、膀胱に下流して生じる。
よく使用される生薬として、猪苓・茯苓・沢瀉・車前子があり、猪苓は脾肺腎の湿を去り、茯苓・沢瀉は腎と膀胱の湿を去ります。また猪苓・茯苓・沢瀉で利尿の効果が大きくなります。車前子は水を利し、熱を瀉します。また炎症効果あり、茯苓と合わせることにより利尿通淋の効果が増強されます。
代表処方:猪苓湯・五淋散・竜胆瀉肝湯

● 腎虚の場合
腎と膀胱は表裏の関係にあり、腎が虚すと膀胱の気化作用は失調する。腎陽虚は、老齢・大病・妊娠・出産などにより腎陽を消耗する結果、腎が膀胱の気化作用を抑制できなくなり、また外邪が虚に乗じて膀胱を侵襲しやすくなるので淋証を生じる。腎陰虚があると下焦に虚熱を生じ、膀胱の気化作用も失調するので湿熱を生じる。この症状は補腎により改善されます。代表生薬として地黄・人参・麦門冬があります。この三味には、津液を増加させる滋陰作用があります。
代表処方:八味地黄丸・六味丸・四物湯・清心蓮子飲

● 肝虚肝実の場合
強い怒りやストレスは肝の疎泄を失調させて肝気鬱結を生じる。肝の気滞が膀胱に波及して、また肝鬱化火して肝火が下焦の湿と結合すると淋証を生じる。イライラ・易怒・抑鬱などと共に胸脇苦満がある。この症状は、肝虚肝実を改善することにより改善します。代表生薬として柴胡があり、疏肝解鬱、理気の働きがあります
代表処方:加味逍遥散・大柴胡湯・小柴胡湯・抑肝散・柴胡桂枝湯

● 瘀血の場合
重労働や激しい運動、外傷や打撲による気滞血瘀、あるいは瘀血体質があると瘀血が下焦に停滞して膀胱の気化作用を妨げ淋証を生じる。瘀血の代表生薬として桃仁、牡丹皮があり、桃仁は頑固な瘀血を除去する第一の剤で、牡丹皮は清熱涼血・活血化瘀作用があります。
代表処方:桂枝茯苓丸・桃核承気湯・通導散

● 虚労の場合
血気不足、あるいは身体虚弱なものは、陽気の不足や冷えがあり、膀胱からの水分の排泄を十分制御できないので、下腹部の不快感や頻尿を生じやすい。五淋のなかの気淋や労淋の一部がこれに該当する。脾虚証や血虚の方に症状が出ることがある。
代表処方:補中益気湯・当帰芍薬散

● 結石の場合
腎臓や膀胱に湿熱が久しく停滞すると、尿が濃縮され、溶解していた物質が凝結して砂や石を生じると考えます。代表処方として猪苓湯合芍薬甘草湯があります。猪苓湯で膀胱の湿熱をとり、芍薬甘草湯で尿管や尿道の痙攣をさり、疼痛を緩和して結石の排出を促進します。
また、民間療法として裏白樫があり、煎じて服用すると結石を落とすと言われています。
症例
症例
H21/8来店 58歳 女性 大柄 
膀胱炎を何回も繰り返す。その度に、病院にいき抗生剤を処方してもらう。膀胱炎の頻度が多いので何とかならないかと相談。また、抗生剤も度々服用すると、良くないと聞いたので、あまり服用したくないと言われました。話をよく聞くと、排尿の最後に渋りがあり、血尿がある。運動をしているので、疲れた時になりやすい。体は温かく、食事はおいしい。また、降圧剤・血糖降下剤を服用している。のぼせがあり、声の張りもある。舌の裏を見せてもらったところ、静脈が大きく色が青黒い。排便は普通。
このことより、瘀血体質で、瘀血が下焦に停滞していると判断し、牡丹皮・桃仁を主剤とする漢方薬を服用してもらいました。
H21/9来店
膀胱炎の症状が一ヶ月でなかった。また、以前より体調がよいと言われました。
二ヶ月ほどしっかり服用され、現在H24/2になりますが、一日一回の服用で続けてあります。