アトピー
逆流性食道炎とは
 咽喉から胃までの器官を食道といいますが。逆流性食道炎とは文字通り食道に食べた物が逆流して、胃酸や十二指腸液により食道粘膜に炎症を起こす病気です。
 本来、食道と胃のつなぎ目には横隔膜という筋肉の膜があって食べ物が逆流しないようになっています。そこに何らかの原因で逆流してしまうと、食道が酸によって炎症を起こしてしまうのです。
逆流性食道炎の症状
・胸焼け
・げっぷ
・食事中または食後に横になると酸っぱいものが上がってくる
・お腹の張り
・胸痛
・のどの違和感
・咳:横になると咳が出る
などがあります。症状は重なっていくつか起こることもあります。
逆流性食道炎の原因
食生活 :
食べ過ぎやとくに油物(油で胃の中の物が滑るから)の摂り過ぎは逆流しやすくなります。飲酒、喫煙も筋肉のしまりを悪くするので悪化します。
姿勢  :
加齢により腰がまがってきている、または猫背がひどいなどにより胃が圧迫されて逆流しやすくなります。食べてすぐ横になって酸っぱいものが上がってくる場合があります。
ストレス:
精神的なストレスは空腹時でも胃酸の分泌を促進してしまいます。このためストレスは胃潰瘍とも関係がありますが、空腹時の胃はしぼんでいて小さいので胃酸が出た時に逆流しやすくなっています。
西洋医学の治療
 胃酸が逆流する病気なので、胃酸を抑える薬が処方されます。ガスターなどのH2ブロッカーや最も胃酸を抑える効果が強いプロトンポンプ阻害薬などがあります。治りにくい場合は長期間服用することもあります。
  
漢方では?
逆流性食道炎の方に多い症状で"胸焼け"がありますが、漢方では「曹雑(そうざつ)」がこれにあたります。この曹雑に用いる漢方薬には安中散、旋覆花代赭石湯、生姜瀉心湯、黄連湯などがあります。
安中散という処方は、"中"を安らかにするという意味からつけられたものです。中とは中焦つまり胃腸を表し、その"中"を調える意味のある処方で、主に胃部症状に用いられます。「和剤局方」という書物には、「慢性・急性問わず胃が痛み、嘔吐し、口から酸っぱい水を吐くものがあるが、これらは寒冷の邪気が胃内に停滞して、食べたものが消化せず、胸腹が張って、腹部が刺すように痛み、悪心嘔吐を起こす。」このような時に使う処方です。

半夏瀉心湯、生姜瀉心湯、甘草瀉心湯は良く似た薬方で、半夏瀉心湯を基本として、そこに生姜(生のショウガ)を加えると生姜瀉心湯になり、甘草を倍量に増やすと甘草瀉心湯になります。「腹鳴(ふくめい)」と「下痢」は共通の主目標となりますが、下痢の程度は半夏瀉心湯が最も弱く、甘草瀉心湯がもっとも激しいと言われています。
この他、半夏瀉心湯には「ガスの排出が多い」、生姜瀉心湯には「噫気(あいき;げっぷ)、胸焼けが強い」、甘草瀉心湯には、「不眠、イライラなどの神経症状がみられる」など、それぞれ特徴的な症状があり、それを目標に三者を使い分けます。

黄連湯も半夏瀉心湯に良くにた薬方で、腹痛、下痢、嘔気・嘔吐、心煩などがある時に用いられる事が多いとされています。簡便には、半夏瀉心湯証で腹痛を伴う場合、として使われることも多いようです。

旋覆花代赭石湯は、生姜瀉心湯に似て、それよりも一段と虚しているもので、生姜瀉心湯を用いても効のないものに用いられます。ただ、薬味は、旋覆花・大棗・代赭石・甘草・人参・半夏・生姜で、黄連・黄芩が含まれていませんので、瀉心湯類とは異なります。大黄等の下剤を用いると、却って腹痛・裏急後重等を訴えて、下剤を使用できないものの便秘に効果があることもあります

また、逆流性食道炎の方に多い症状で"げっぷ"がありますが、漢方では「噫気(あいき)」と言い、本来は下へ向かっている「胃」の「気」(=胃気)が、上逆、すなわち上の方へ逆行してくることで発生すると考えられています。もともと「胃」に入った食べ物は、胃から小腸、大腸へと下の方に送り込まれますが、これは「胃」の「気」のエネルギーによる作用で、その「気」が逆行して「気」のかたまり=ガスの状態となって、口から出てくるのが「げっぷ」であるという考え方です。
このように、胃気は下に向かうことで正常な働きを維持していますが、胃気の流れを邪魔するものがあったり、胃そのものが弱っているなどして下に降りられないと、げっぷとして上がってきてしまうのです。
げっぷは五臓(=肝・心・脾・肺・腎)のうち、「脾」と「肝」が関与したものが多く見られます。「脾」は「胃」と協力して消化吸収を行っており、「肝」はそれを助けています。したがって、これら臓器の乱れはげっぷの原因となります。肝と脾の関係は、相剋(そうこく)関係です。肝が脾を剋する関係になっています。つまり、肝が脾の働きを規制しているわけです。この時、肝の働きが強すぎると、脾の働きが必要以上に制限されてしまいます。この状態を肝脾不和といいます。
肝脾不和の主な症状は、ストレスがあるとすぐ下痢する、緊張すると吐き気がする、便秘したり、下痢したりする。お腹が張り痛む。げっぷやガスが多く出る、などの症状です。

このことにより、脾を整える処方だけでなく、肝を整える処方も使う場合があります。
(代表的な処方:半夏瀉心湯、半夏厚朴湯、平胃散、六君子湯、二陳湯、茯苓飲、柴朴湯など)

その他、胃の症状ではないけれども、なんだか胸のあたりに熱感があり苦しくてたまらない症状は漢方の古典「傷寒論」にもいくつか記されています。梔子豉湯の条文、「発汗吐下の後、虚煩して眠ることを得ず。若し劇しき者は必ず反覆顚倒(寝返り)し、心中懊悩(胸中が苦しくて熱っぽく気分がイライラして落ち着かないこと)す。梔子豉湯は之を主る。」または「之を下し、結胸(みぞおちの下あたりが按ずると硬くなっていること)せず、心中懊悩し餓えて食すること能わず、但だ頭に汗出ずる者」とあります。現在でも食道炎に多く用いられています。