敬震丹
■効能・効果:気付け、 どうき、 息切れ、 胃腸虚弱、 消化不良、 食欲不振

■用法・用量:〇大人(15歳以上)1回1片、1日3回食間または空腹時に服用します。

■製薬会社:犬伏製薬株式会社
敬震丹
麝香、牛黄を配合。

敬震丹の由来
天保二年(1831年)第7代犬伏九郎左衛門(直五郎)は、当時の阿波藩医橘春庵と相談し、龍虎圓の処方に改良を加え、薬名を<敬震丹>と改め販売したところ、幕末には他国から薬を求め訪れる者が出るようになり隆盛をきわめた。その後、さらに処方に改良を加え、明治時代中期に現在の処方となり現在に至っている。
<用法用量に関連する注意>
なるべく口中でかみ砕いて少し多い目(コップ1杯位)の湯または水で服用します。かみ砕かずに服用するときは適当な大きさに割って服用します。
使用上の注意をよくお読みのうえ服用してください。
■成分・分量:
3片中
麝 香……1.8mg   牛 黄…… 7.2mg   竜  脳……42.6mg
人 参……58.8mg  サフラン… 28.5mg  香付子……28.5mg
沈 香……21.3mg  甘 松……28.5mg  桂  皮……35.4mg
牛 胆……17.7mg  丁 子……42.6mg  木  香……42.6mg
甘 草……35.4mg  生 姜……14.1mg